「ファンを増やす方法」が知りたいなら「瞬間のちから」を読もう

  • URLをコピーしました!
「ファンを増やす方法」が知りたいなら「瞬間のちから」を読もう

「瞬間のちから」という人を魅了し、人のやる気を引き出す「心理技術」の詰まった本を読みました。

真面目に学びしかない一冊でした!

瞬間のちから」は、こんな人におすすめです!

  • ファンを増やしたい
  • リピーターを増やしたい
  • 人気者になりたい
  • 部下から慕われたい
  • 奥さんといつまでも仲良くしたい

「瞬間のちから」は残念ながら本屋では販売されていません。公式サイトから購入することができます。

気になる方は、一度手にとってみることをおすすめします。

>>瞬間のちからをチェックしてみる

目次

人の記憶に長く残る「決定的瞬間」の4つの要素とは?

人の記憶に長く残る「決定的瞬間」の4つの要素とは?

人の記憶には、ある経験だけが長く記憶に残り、ほかの経験はほとんどが記憶に残っていません。

長く記憶に残り続ける思い出には、決定的瞬間における「4つの要素」があると本書では述べられています。

  1. 高揚(日常を大きく逸脱して気持ちが盛り上がるようなこと)
  2. 気づき(意外な発見や、再認識させられるような気づき)
  3. 誇り(努力や成果が認められた時の嬉しさ)
  4. 結びつき(深いところでの他者との共感、一体感が得られた時)

「決定的瞬間」が訪れると人の気持ちは前向きな気分になります。(一部、「憎しみ」のような、後ろ向きな決定的瞬間も存在する)

また、「決定的瞬間」には形として残っていることが多く、誰もが自宅に保管されている物があるでしょう。

決定的瞬間の4要素を具体的な物で例えると…。

高揚

ラブレター、チケット半券、子供たちがつたない絵や文字で書いてくれたほほえましいカードなど

気づき

感動した言葉や文章、世界観が変わった書籍、自分の思いを書き留めた日記など

誇り

成績表、認定書、資格証、感謝状、表彰状など

結びつき

結婚式の写真、旅行写真、家族写真など

これらが、自分の決定的瞬間における記念品です。

よく自宅を大掃除している時に、昔の写真や、好きなアーティストのライブチケット半券、もらった手紙、卒業証書などを見つけると、掃除をやめて眺めてしまうように、これらは自分の過去の「決定的瞬間」を思い出す宝物と言えるのでしょう。

このように、心あたたまる瞬間を、どのようにすれば、家族、友人、顧客に与えることができるのか。

自分の体験と照らし合わせることで、相手にとっての「決定的瞬間」を深く考えるきっかけになるのではないでしょうか。

「記憶に残るような体験」は「小さな変化」から生まれる

「記憶に残るような体験」は「小さな変化」から生まれる

『ファンが大事』と言われる昨今。どうやったら自分自身、会社のファンを作れるのか?

本書では、「ファン作り」には『記憶に残る体験』を、意図的に作り出すことが重要だと述べられています。

​​自らのサービスのファンづくりには、記憶に残るもの、日常から逸脱した「最高の瞬間」が必要である。それは自然に起こるものではなく、意図的に作り上げなければいけない。

瞬間のちからから引用

「最高の瞬間」と呼べるような記憶に残るような体験を、一体どうやったら作り出せるのでしょうか。

人間は「慣れている出来事」の記憶が、まったく残らないようにできているそうです。

いつもと同じような毎日には感動が生まれないように、「ファン作り」には、決まりきった台本から逸脱するような「ちょっとした仕掛け」が必要なのだと思います。 

「レミニセンス・バンプ」を定期的に生み出す

「レミニセンス・バンプ」を定期的に生み出す

心理学には「レミニセンス・バンプ」という用語がありますが、これは「回想のこぶ」と言われています。

よく10〜20代くらいの「若い頃の想い出」のほうが人の記憶に残りやすいと言いますが。

人生を変えるような大きなイベントは、30代くらいまでにほとんどの人が経験してしまうので、年をとるたびに「回想のこぶ」を感じとる機会が少なくなるそうです。

「回想のこぶ」が定期的に感じ取れると、人生の時間は長く感じることができますが、その分「回想のこぶ」が少なくなると、時間はあっという間に過ぎ去っていきます。

これは、年をとるごとに「新鮮な出来事」がなくなっていくので、平凡な毎日をなんとなぁく過ごしているだけだと「心の躍動」も少なくなりますよね。

いつまでも自分の人生にハリを持たせたいなら定期的に「レミニセンス・バンプ」が自然に生まれるように日常生活を彩るような「スパイス」を意図的に取り入れていくことが必要です。

最高な瞬間は台本を逸脱した時に生まれる

最高な瞬間は台本を逸脱した時に生まれる

例えば、休日の家族との過ごし方、定時後の時間の使い方、仕事での創意工夫など、いつも慣れていることを少し変化させていくだけで、また違った楽しみを見出すことができるのではないでしょうか。

確かにサプライズは記憶に残る瞬間になるが、台本の逸脱は人を驚かせようとするサプライズほど単純ではない。サプライズは安っぽく簡単である。

瞬間のちからより引用

台本を逸脱するためには本来の台本について必ず1度考える必要があるということだ。日曜日の家族との過ごし方、職場のチームミーティングの方法、ホテルのチェックインの仕方など、日常生活は台本だらけである。

瞬間のちからより引用

サプライズ効果を持続しながら顧客が慣れてしまわない程度に、台本の逸脱を続けるにはどうすれば良いのか一つの方法は、ちょっとした無作為性を加えることである

瞬間のちからより引用

家族や恋人であれば、誕生日などの慣れきったサプライズではなく、無作為かつ不定期に、決まりきった、台本から逸脱するようなちょっとした仕掛けをした方が、もっと効果的かもしれません。

そういった観点からも、ファンやリピーターを増やすには相手がいつものように慣れていることを、少し変化させていくという打ち手が有効なのだと感じました。 

本書で語られる「決定的瞬間」は、うまく取り入れていくことで、ビジネス上でも、プライベートでも、大きな成果を上げられるのではないかと思います。

自分のファン、仕事のリピーターを増やしたい!人間関係を良好に築いていきたい!と考えている人は、一度手にとってみてはいかがでしょうか?

>>瞬間のちからをチェックしてみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元バンドマンのロックな営業マネージャー|営業・マネジメント・広報・オウンドメディア編集長までなんでもやってます|月に7冊読破する孤高の読書家|ビールとハイボール|ギターはレスポール|元バンドマン|大田区出身|座右の銘は「雲外蒼天」

コメント

コメントする

目次