「コミュニケーション大全」を読んで学んだ人前で話す時の3つのコツ

  • URLをコピーしました!
「コミュニケーション大全」を読んで学んだ人前で話す時の3つのコツ

コミュニケーションにおける多くの悩みはこの1冊ですべてが解決します。

炎の講演家、鴨頭嘉人(かもがしらよしひと)氏の著書、「コミュニケーション大全」を読了しました。

「コミュニケーション大全」というタイトルだけあって、本書は人とのコミュニケーションにおける多くの問題の解決法を、実例に基づいて体系化された書籍です。

本書はこんなことで悩んでいる人におすすめしたいです。

  • もう人間関係で悩みたくない
  • 相手に伝える力を磨きたい
  • プレゼンやスピーチがうまくなりたい

今回は「コミュニケーション大全」を読んで学びになったところを、一部引用しつつ、書評させていただきます。

目次

「コミュニケーション大全」を読んで学んだ3つのこと

https://twitter.com/ymd_nj/status/1560795525481648128

本書を読んで、個人的に学びになったところは以下の3点です。

  • うまく話そうとすると必ず失敗する
  • スピーチ力を磨くのは原稿作りである
  • 感動を与えたいなら、まず自分の心を震わせろ

本書はコミュニケーションにおける「伝える力」にフォーカスした書籍ですが、個人的にスピーチなどで、「人前で話をする時に抑えておきたいところ」が、とても為になったので、その点にフォーカスして書いていきたいと思います。

うまく話そうとすると必ず失敗する

うまく話そうとすると必ず失敗する

僕自身、管理職ということもありまして、会社の朝礼であったり、会議で意見を求められた時、大人数が揃う重要な場では、いつも「うまいことを言わなきゃ…」といったプレッシャーに苛まれています。

しかし、本書では、そういった「うまく話さなくては…」という、間違ったマインドが「あなたの思いが伝わらない大きな原因」だと述べられてます。

びっくりするかもしれません。「うまく話せるようになりたい」と思っているところに、講師の僕からは何度も、「うまく話そうとすること、禁止!」と言われるのです。
うまく話そうとするとあなたの想いが伝わらなくなるからです。

引用元:コミュニケーション大全

本書では、たとえ良い話ができたとしても、日頃の言動が一致していなければ、本当の意味は伝わらないと解説されています。

僕自身にも覚えがありますが、確かに「いい話をしよう」と思った瞬間に、無意味な背伸びをしてしまうことってありますよね。

「話を盛る」というのに似ているかもしれませんが…

自分を良く見せようという心理が働くと、「現実の自分」と「うまいことを言っている自分」との距離感が出てしまって、発言の信憑性みたいなものが薄くなってしまう。

このように「うまく話そうとする」ことで、メッセージが薄くなり、相手に伝わらなくなる大きな要因につながるのだと思います。

スピーチ力を磨くのは「原稿作り」である

スピーチ力を磨くのは「原稿作り」である

本書では、人前で話をするときは、「準備が全てであり、原稿は必ず用意すべき」と述べられています。

「聴き手が聴きたい話しとは、どんな話なのか」を探る力は、スピーチ中ではなく、スピーチ原稿を作っているときにもっとも鍛えられます。
構成を練る力や言葉選びのスキルも、スピーチ原稿を作っているときにしかトレーニングできません。
原稿を作るという「準備」を経ないことには、一定のレベルからは永遠に抜け出せないのです。

引用元:コミュニケーション大全

「文章力」もそうですが、こうやって実際にブログを書きながらも

「この文章構成はおかしくないか?」

「このつながりだと違和感があるなぁ…」

とか、文章を書きながら試行錯誤することで、ようやく「人に伝わる分かりやすい文章」へと成長していくのを実感します。

スピーチ原稿も同じで、原稿作成に取り組む中で「構成を練る力」「言葉選びのセンス」が磨かれていくのは間違いないです。

また、スピーチ原稿には2種類あって、話をする内容のすべてを原稿化する「フル原稿」よりも、箇条書きのようにキーワードを並べた「トリガー原稿」を作ることが大切だと述べられています。

5分を超えるスピーチの場合は、「フル原稿」ではなく、「トリガー原稿」をお勧めします。
トリガー原稿とは、スピーチに必要なキーワードだけを並べたメモ書きのような原稿です。
フル原稿を作ってしまうと、いざ本番となったときにライブ感が失われてしまうのです。

引用元:コミュニケーション大全

僕は管理職として大勢の前でスピーチをする機会によく恵まれるのですが、人前に立つと話そうと思っていたことがよく飛んでしまうので、伝えたいことを網羅した「フル原稿」を作って挑むことが多いです。

しかし、「フル原稿」は本書にもあるように「スピーチにおけるLIVE感」は間違いなく失われるんですよね。

目線が原稿に向くようになってしまって、聴き手への目線が疎かになってしまうことも多いです。

ありがちな失敗例が、前方に目をやり、そこに座っている人達ばかりに語りかけてしまうというもの。
これではエネルギーが届かない後方の席の人達はちっとも面白くないはずです。

引用元:コミュニケーション大全

まさしくこの通り、とにかく余裕がないので、前方の人たちを見る程度なんですよね。とてもじゃないですが、奥の方まで目線を向けるなんて余裕はないです。

「トリガー原稿」にすることで、目線やボディランゲージにまで、気を配れるようになるのは間違いないと思います。

感動を与えたいなら、まず自分の心を震わせろ

感動を与えたいなら、まず自分の心を震わせろ

最後に、「伝えたいことを頭で考える」のではなく、「心で考える」というところ。

ここ、ドンズバで響きました。

過去を振り返りながら、そこにタイムスリップして話をすると、話し手の心は揺れ、聞き手にも感動を与えます。
自身が深く関わっている話であればあるほど、聞き手の心の奥深くに、あなたのメッセージは届くはずです。

引用元:コミュニケーション大全

スピーチをする時によく考えてしまうのは、「相手を感動させたい」ということなんですが、そんな自己満足な思いを優先してしまうと、テクニックに走ってしまって、話のリアリティがなくなるんですよね。

そこには「相手の感動」ばかりを求めていて「自分の感動」はないんです。

僕自身が僕のスピーチの中身に、いや、自分が過去にした体験を、その体験をしている時間を、そのときの感覚を思い出して感極まったんです。

引用元:コミュニケーション大全

自分自身のリアルな体験から湧き出てくる、苦しかった時のリアルな想い。

こういう話が出来ている時って、間違いなく「自分の心」は震えてますよね。

自分自身が心の奥底から感動しているからこそ、その想いは相手に届くはずです。

「つられ泣き」という言葉があるように、本気で泣いている人がいるからこそ、その影響を受けて泣いてしまう人がいます。

スピーチで相手に感動を届けたいと考えているなら、まずは「自分の心を泣かす」ということは忘れてはならないですね。

まとめ「コミュニケーション大全」を読んで学んだ人前で話す時の3つのコツ

「コミュニケーション大全」を読んで学んだ人前で話す時の3つのコツ

今回は、炎の講演家、鴨頭嘉人(かもがしらよしひと)氏の著書、「コミュニケーション大全」を読んで学びになった部分を解説しました。

本記事では、「スピーチをする時に心得ておかなくはならないこと」にフォーカスしましたが

本書には、周囲の人たちとのコミュニケーションの中で、生まれる様々な「コミュニケーションのすれ違い問題」についても学びになることが満載です。

「家族とのコミュニケーションがうまくいってない」

「部下や上司とのコミュニケーションがうまくいってない」

こんなことでお悩みの人は必読の書籍です。

気になった人は一度手にとってみることをお勧めします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元バンドマンのロックな営業マネージャー|営業・マネジメント・広報・オウンドメディア編集長までなんでもやってます|月に7冊読破する孤高の読書家|ビールとハイボール|ギターはレスポール|元バンドマン|大田区出身|座右の銘は「雲外蒼天」

コメント

コメントする

目次