派遣社員で3年を迎えたら「無期雇用派遣」になるべきか?

当方、派遣社員を2年半ほどやっておりまして、もう時期、今の部署で働き始めてから3年を迎えます。
派遣会社から「無期雇用派遣」のお誘いを頂いているのですが、このまま言われるがまま「無期雇用派遣」になった方がいいのでしょうか?
迷っているので、アドバイスをいただけますと幸いです。
【40代女性:東京都大田区在住「ムキムキングさん」より】

読者の方から、このようなご質問を頂きましたのでお答えしていきたいと思います。

現在、派遣社員で働いている人たちにとっては、きっと役立つ情報です。

ー著者紹介ー

著者のプロフィール


10年に渡り派遣会社で人材コーディネーターをやっていた筆者が、「派遣社員で働いて3年経過したら無期雇用派遣になった方がいいのか?」という点について、深堀りをしつつお答えしていきますので、最後までお付き合いください。

目次

無期雇用派遣という働き方

無期雇用派遣という働き方

「無期雇用派遣」とは、雇用期間を定めずに「派遣会社」と雇用契約を結ぶスタイルの派遣契約です。

一般の派遣社員は、派遣会社との契約は「有期雇用契約」です。僕が人材コーディネーターをやっていた時の派遣会社との契約期間は「3ヶ月ごとの契約」が一般的でした。

有期雇用契約の派遣社員は、3ヶ月ごとに「次回の契約更新」があるかを気にしながら働かなければいけませんが、無期雇用契約の派遣社員になれば、3ヶ月ごとの契約更新を気にせずに、働き続けることができます。

また、派遣社員で働いていると「個人抵触日」によって、一つの職場に3年しかいられませんが、「無期雇用契約」に切り変わると、3年間の「個人抵触日」がなくなるので、3年を超えても同じ職場で働き続けることが可能です。

なるほど!無期雇用派遣っていいじゃないですか!安定して働きたいなら「無期雇用派遣」に切り替わった方がいいですね。

無期雇用派遣になっても「安定」はないです

無期雇用派遣になっても「安定」はないです

結論からお話をします。派遣会社で「無期雇用派遣」になっても安定はありません。

もし、ムキムキングさんが、働くことに「安定」を求めているのなら、「正社員」の仕事に転職することをおすすめします。

悩めるオフィスレディ
え?なんで?無期雇用なら3ヶ月更新じゃないし、3年以降も継続して仕事が続けられるじゃないですか!

「無期雇用」という言葉を聞くと、『やった!これで安定した働き方ができる!』と勘違いしている人たちが多いですが、決してそんなことはありません。

僕がムキムキングさんと同じ立場で、働き方に「不安」を感じているなら、間違いなく「正社員」への転職をします。

その具体的な理由については、続けてお話をします。

無期雇用派遣がおすすめできない3つの理由

無期雇用派遣がおすすめできない3つの理由

僕が「無期雇用派遣」をおすすめしない理由は以下の通りです。

  • 無期雇用になっても派遣先との契約が終わることはある
  • 無期雇用になると求められるレベルが上がる
  • 無期雇用になっても収入や条件面は上がらない


順番に解説していきます。

無期雇用になっても派遣先との契約が終わることはある

無期雇用派遣になっても、切られる時はあっさり切られます。

無期雇用では「派遣会社」と「派遣社員」の契約期間は「無期契約」になっていますが、派遣会社と派遣先が結んでいる「個別契約」は3ヶ月で、長くても半年がほとんどです。

つまり、派遣先の業績が悪くなったら、派遣社員から契約は切られますし、会社の方針で自社雇用が優先されるようになったら、契約は切られます。

その昔、僕が担当していた派遣社員さんが、無期雇用契約になりまして、お互いに喜んでいましたが、半年後にあっさりと「派遣先の都合」で契約を終了させられました。

「無期雇用契約」となっても、派遣先からしたら一般の派遣社員となんら変わらないんですよね。

無期雇用になると求められるレベルが上がる

無期雇用契約になると、その瞬間から求められるレベルが上がり、仕事が増えるケースがあります。

それはなぜか?

無期契約になると派遣会社に支払う「派遣料金」が上がるからです。無期雇用契約は派遣会社にとっては「雇用リスク」を抱えることなんです。

3ヶ月契約であれば、派遣社員の契約が満了すれば、雇用契約はなくなりますが、無期雇用契約になると、派遣先の契約が終わったからといって、「さよなら!」というわけにはいかなくなります。次の派遣先を紹介する責任が大きくなりますし、場合によっては給与補償なども行わなくてはなりません。

そのリスクと引き換えに、派遣会社は派遣先に対して『Aさんを「無期雇用契約」にするなら派遣料金が上がります』と交渉をする事になります。

それで「派遣料金」が上がるとどうなるかわかりますよね?

派遣先は「派遣料金」が上がったんだけら、「これもやってもらわないと困る!」と、派遣社員に仕事を回すようになり、負担が徐々に大きくなっていくのです。

無期雇用になっても収入や条件面は上がらない

無期雇用契約になっても、収入や条件面は良くなりません。時給が上がることもほとんどないでしょう。

無期雇用で「派遣料金」は上がっているのに、派遣社員には還元されないことがほとんどです。

大手派遣会社だと月給制になる会社もありますが、総合的な給与はあまり変わりません。月給が下がる代わりに賞与を支給する会社もありますが、年間で考えると条件が良くなっているとは言えない待遇がほとんどです。

「派遣社員の賞与支払い」についてはこちらの記事で書いているのでよければチェックしてみてください。

今の仕事が好きなら「無期雇用派遣」になるのもあり

今の仕事が好きなら「無期雇用派遣」になるのもあり

今の仕事が好きで変えたくないというなら「無期雇用派遣」になるのもありです。

中には3年間で職場を異動したくない人もいるでしょうし、派遣先の社員との関係が良かったりすると、転職したくないという心理状態にもなります。

無期雇用になれば、派遣先と派遣社員がお互いに継続を希望していれば、法的に問題なく仕事を続けることが出来ます。

ただし、覚えておきたいのは「派遣社員」でいる限り、いつかは終わりが来るということだけは忘れないようにしましょう。

安定を求めるなら派遣社員より「正社員」になるべき

安定を求めるなら派遣社員より「正社員」になるべき

無期雇用派遣になっても「契約更新の不安」からは解放されません。いつ切られるか分からないという「先が見えない不安」を感じたくないのであれば、「正社員」になるべきです。

もしくは今の派遣先で、正社員になれる可能性があるのならば、積極的にアプローチをしていった方がいいかもしれません。

正社員化の話が来ないのは裏がある

しかし、3年が迫ってきてどんなに派遣先にアプローチをしても、「直接雇用」の打診が来ないというのは、必ず裏があります。

それは、「あなたの能力」に問題があるか、派遣先に正社員を増やす余裕がないということです。

そうであれば、今の派遣先で続けても「正社員」になれる可能性は低いので、転職活動を始めるのがいいでしょう。

無期雇用派遣よりも「正社員」を目指しましょう

無期雇用派遣よりも「正社員」を目指しましょう

ここまで読んで頂いた方は、無期雇用派遣のことがよく分かったと思います。

『正社員オワコン説』が、ここ最近ささやかれるようになりました、僕は正社員ってやっぱり優遇されていると思っています。

会社が倒産でもしない限り、いきなり仕事がなくなることはないし、ブラック企業でなければ、毎年の定期昇給はあるし、賞与も退職金だってもらえる。

今でも正社員はかなり優遇されています。これからいつまで、そんな時代が続くかは分かりませんが、正社員でいることのメリットはやっぱり大きいです。

派遣から正社員を目指すなら、こちらの転職サービスを使いましょう。

初めての転職でも使いやすい「転職エージェント」「転職サイト」です。

本記事を読んで頂いている方々の転職活動が成功することを願っています!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人材サービス業界の営業パーソンとして、人材派遣業を10年、人材紹介業を4年ほど経験し、現在はマネジメントから採用領域の仕事をメインでやっています。人材業界で得た転職や働き方の知見を発信していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる