転職は難しい…うまくいかない人によくある特徴5選!成功の秘訣まで徹底解説!

  • URLをコピーしました!
転職は難しい…うまくいかない人によくある特徴5選!成功の秘訣まで徹底解説!
悩めるオフィスレディ

転職活動を始めたのですが、全くうまくいっていません。転職活動のやり方が悪いのでしょうか。うまくいく転職活動方法を教えてくれないでしょうか。

転職をしようと活動を始めたものの、活動自体がうまくいかず「自分には転職は難しい…」と早期的に判断してしまう人は多いです。

転職がしやすい時代になったとはいえ、転職希望者が増えているということは、企業側の目線も厳しくなっているのは間違いないでしょう。

転職でうまくいかない人と、転職をうまく成功させている人には、どのような差があるのか。

本記事ではこの辺りを分析して解説していきます。

本記事を読んで理解できること
  • 転職活動がうまくいかない人の特徴
  • 転職活動をうまく進める秘訣
  • 転職活動でよくある質問のアンサー

本記事を最後まで読むことで、転職を成功させるために抑えておくべき秘訣を理解することができます。

転職活動で時間をムダにしたくない人は、ぜひ最後まで読むことをおすすめします!

目次

転職活動がうまくいかない人によくある特徴5選

まず、転職活動がうまくいっていない人によくある特徴を解説します。

  • 自分一人で転職活動している
  • 求人を選びすぎている
  • 退職理由をネガティブなままにしている
  • 転職活動に時間がとれていない
  • 理想を追いすぎて妥協していない

一つずつ解説していきます。

① 自分一人で転職活動している

誰にも相談せず一人で転職活動していると、ムダなことに時間をとられてしまったり、このやり方で本当にいいのかと迷うことがあります。

例えば、履歴書や職務経歴書の書き方、自分の希望に合った企業の分析方法、面接でのアピール方法など。

特に転職を経験したことがない人や、久しぶりに転職する人などは注意が必要です。

転職活動はやることが多いので、自分一人で転職活動をしてしまうと、うまくいかないケースが多くなるでしょう。

② 求人を選びすぎている

転職がうまくいかない人によくあるのが、求人を選びすぎている点です。

求人サイトをひたすら見ているものの、「この会社はちょっと違うな…」「この条件は微妙だな…」「もっといい求人があるだろう…」

理想の条件や会社を選ぶことは大切なことですが、ひたすら求人を選んでいるだけでは、転職活動はうまくいきません。

転職活動はとにかく時間との勝負なので、求人を選んでいるだけだと、時間だけが奪われてしまい、段々と転職のモチベーションが下がってしまいます。

求人を選びすぎるのはほどほどにしましょう。

③ 退職理由をネガティブなままにしている

転職がうまくいかない人に多いのは、退職理由をネガティブなままにしているという点です。

多くの人の退職理由はネガティブです。

例えば、人間関係であったり、残業が多かったり、収入が少ないなど。転職しようと思う時に、退職理由がポジティブであることは少ないと言っていいでしょう。

しかし、その退職理由をネガティブなまま、職務経歴書に記載していたり、エージェントや面接担当者に伝えてしまうと、選考通過率は著しく下がってしまうでしょう。

ここで言いたいのは本音と建前は別ということです。

ネガティブな退職理由は、うまく加工して取り繕う必要があるということは、転職活動をする上で抑えておくべきポイントです。

④ 転職活動に時間がとれていない

転職がうまくいかない人によくあるのは、転職活動そのものに時間を取れていない人です。

すでに退職している人であれば、次を決めるのに必死なので、とにかく時間を作るはずですが、就業中の人は現職の仕事が多忙だと、なかなか時間が作れないという人もいるでしょう。

転職活動には、とにかく時間と粘り強いエネルギーが必要です。

あなたの最優先の目的が転職だというのならば、時間がとれていないというのは、そもそも転職する気がないと思われても仕方ないでしょう。

転職エージェントなども、現職の都合でメールの返信が遅かったり、面接日程が組みづらい求職者については、対応を後回しにするケースが多いです。

まずは時間をとることが大切です。

⑤ 理想を追いすぎて妥協していない

転職における採用条件などの理想が高いことも転職活動においては死活問題となることがあります。

もちろん、転職をするということは、今の職場で不満に感じていることを解消したいという目的があることでしょう。

年収面、職場環境、通勤時間、転勤の有無、労働時間、副業OK、リモートワークができる、大手企業、ベンチャー企業、福利厚生など。

自分の理想にピタッとハマる案件があればいいですが、そんな仕事は100件に1件があればいいほうでしょう。

理想の条件にこだわりすぎると、求人とのマッチングが難しくなります。

優先順位をつけ、妥協できるポイントを見極めることで、現実的な選択肢がでてくることでしょう。

転職活動を成功させる5つの秘訣

転職活動を成功させる5つの秘訣

転職活動を成功に導くための5つの秘訣は以下の通りです。

  • 転職エージェントを利用する
  • まず20社はエントリーする
  • 退職理由の納得度を上げる
  • 週10時間以上、転職活動の時間を作る
  • 採用条件で妥協できるポイントを決めておく

一つずつ解説していきます。

① 転職エージェントを利用する

転職エージェントは求人情報を提供するだけでなく、適切なアドバイスやキャリアプランの構築もサポートします。自身の強みを理解し、エージェントを活用して市場価値を最大限に引き出しましょう。

② まず20社はエントリーする

広範なエントリーを行うことで、自分に合った職場や条件に出会いやすくなります。多様な選択肢を持ち、面接や交渉の機会を増やすことが成功への近道です。

③ 退職理由の納得度を上げる

過去の経験や退職理由に対して冷静に向き合い、ポジティブな要素を見つけ出すことで、理由が面接で説得力を持つものとなります。

④ 週10時間以上、転職活動の時間を作る

転職活動に時間をかけることで、情報収集やネットワーキングの機会が増え、成功へのスピードが向上します。計画的に進め、着実に進捗を重ねていきましょう。

⑤ 採用条件で妥協できるポイントを決めておく

理想的な条件を追い求めるのは重要ですが、妥協できるポイントも把握しておくことが大切です。柔軟な姿勢で臨むことで、適切な選択ができるようになります。

転職がうまくいかない人からよくある質問

① 転職先が決まるまでにどのくらい時間がかかりますか?

転職にかかる時間は個人差がありますが、平均的には3〜6ヶ月が目安です。焦らず着実に進め、自分に合った職場を見つけることが重要です。

② 転職エージェントは何社登録すればいいですか?

登録するエージェントは1〜3社が適切です。信頼性や提供されるサービス内容を比較し、自分に合ったエージェントを選ぶことが大切です。

③ 転職エージェントと転職サイトならどちらを使うべきですか?

転職エージェントは個別のサポートが受けられますが、転職サイトは広範な求人情報が手に入ります。両者を組み合わせ、効果的に活用することがおすすめです。

転職エージェントはキャリア相談や企業とのマッチングを重点的に行ってくれます。一方で、転職サイトは多岐にわたる求人情報を提供してくれるため、自ら主導して検索や応募が可能です。

エージェントとサイトの両方を活かすことで、個別サポートを得つつ、多くの求人にアクセスできます。エージェントが提供する情報とネットワークを駆使し、転職サイトで自分主導で検索をかけることで、より広範で効果的な転職活動が可能となります。

最終的な選択は個人の好みや状況によりますが、バランスよく利用することで、転職活動の成功に近づけるでしょう。

転職活動においては焦らず、計画的なステップを踏むことが肝要です。

また、他者の助言や専門家のサポートを活かすことで、より確実に目標に向かって進むことが可能です。成功への道のりは人それぞれ異なりますが、地道な努力と柔軟な考え方が鍵となります。新たなキャリアへのステップを踏む際、自信を持ち、前向きな姿勢を崩さずに進んでいってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

これまで転職エージェントなど、人材サービス業界を中心に、多くの転職希望者の転職相談を受けてきました。現在は副業で転職・キャリアアップに役立つ情報を発信してます。自分の市場価値を高めたい人は必見です。

コメント

コメントする

目次