WEB3・ブロックチェーン・DAOで「転職・採用・働き方」はどう変わるのか?

  • URLをコピーしました!
WEB3・ブロックチェーン・DAOで「転職・採用・働き方」はどう変わるのか?

転職活動の時に、企業からスカウトを受けることで報酬(トークン)がもらえるという「採用サービス」があるのですが、このような仕組みは、従来の転職サービスに大きな革命を起こしていくのではないかと思います。

WEB3.0・ブロックチェーン・DAOといった新しい技術や仕組みが出てくる中で、「転職」「採用」「働き方」はどのように変わっていくのかをまとめてみました。

求職者が企業からスカウトをもらうことで報酬がもらえる

Branding Engineerさんが手がける採用サービスは、求職者に対してスカウトを送る時に、企業が支払ったコストを、スカウトを受けた求職者自身が受け取れるようにすることで、転職市場で「本当に評価の高いユーザー」に対して、新しい収益機会を確保するというものです。

この採用サービスは、WEB3.0関連のプロダクト開発に携われるようなスキルを持った、高スペックなエンジニア採用に限った話ですが

今後、明らかに人手不足になる日本において、優秀な求職者に対して報酬(トークン)を送るようなスキームは、一般的になっていく可能性があるのではないかと思います。

ちなみに「WEB3.0」については、こちらの記事でまとめています。

ただし、企業側が求職者に対して報酬を出すには、求職者の実績やスキルが、正確なものなのかを見極めることが重要になってきます。

ブロックチェーンなら「履歴書」の改ざんはできない

ブロックチェーンの技術を使えば「履歴書の改ざん」はできません。なので、経歴詐称を防ぐことが可能です。

そもそも、求職者の実績って、その人のさじ加減で書くことができてしまうので、正直、本当の実績なのかどうかってわからないですよね。

求職者の履歴書や職務経歴書をブロックチェーンに統一していくことで、経歴や実績を過剰に上書きすることはできませんし、嘘偽りも一切通用しなくなります。

どんな面接のプロでも、人が人を見抜くのには限界があるはずです。ブロックチェーンがもたらす「トラストレス(疑う必要がない)」な機能は、多くの採用シーンで活用されていくと思います。

すでに、ブロックチェーンを活用した転職サービスは日本にもあるようです。

既存の転職サービスの問題点とは?

ここで、既存の転職サービスの問題について考えてみました。

転職サービスの問題点

転職活動で困っている人は、転職サービスを積極的に利用しているものの、中々仕事が決まらず、様々な転職サイトや転職エージェントを転々としていることも多いです。

先述した通り、中には自身の経歴や実績を過剰にもできてしまうので、本当に優秀な人材なのかは分かりづらくなります。

逆に、転職に困っていない「市場価値の高い人材」は、「転職サービスを使うのは面倒…」と感じていたりするようです。

その主な理由は、多くのスカウトメールが面倒に感じていたり、スカウトやエージェントから紹介された会社が、本当に自分のキャリアを活かせる会社なのか分かりにくい。という点です。

なので、人間関係の知れているSNSでのつながりや、信頼できる人からのリファラル採用で、転職を決めたりしています。

優秀な人材ほど、仕事を決める時「信頼ある人からの紹介」が決定打になっていたりします。

人材紹介・転職サイトに頼る時代は終わるのか

人材紹介や転職サイトに頼る時代は終わりを迎えるのでしょうか?

従来の転職サービスは、求職者だけではなく、採用する企業側にとっても、効果を実感しにくくなってきています。

  • 転職サイトに求人掲載したが採用できなかった
  • 転職サイトは採用工数がかかり過ぎる
  • 人材紹介会社からの紹介が少ない
  • 人材紹介はそもそもコストが高過ぎる

このような背景からも、外部の協力会社に頼らずに、自社メディアやSNSを活用して、採用実績を増やそうという企業も増えました。

採用チャネルが増えた今、求職者も会社側も、なるべく負担が少なく効果の高いチャネルを利用して、活動していくようになるのは明白でしょう。

従来のような転職サービスは、どちらにせよ変化していくことが求められていくはずです。

先述したBranding Engineerさんのような、スカウトを受けることで報酬がもらえるようなプラットフォームがあれば、そこには優秀な人材が集まるはずです。

極論ですが、いずれは、ブロックチェーン上に登録されている信用性の高い「個人の経歴データ」と「企業求人」とをマッチングさせるようなサービスが当たり前になってくるのではないかと思います。

今では、人と仕事のマッチングは転職エージェントのキャリアアドバイザーが経験を頼りにやっていますが、ブロックチェーン技術とAIの発展により、完全に自動化されるのもそう遠くない未来かもしれません。

DAO(ダオ)が働き方を変える

最後にDAO(ダオ)について触れておきます。

DAOとは「自立分散型組織」のことです。みんなが自由に関わって運営する組織のことを言います。

DAOについては、以下の記事を参考にしてください。

「WEB3.0」が本格的になる時代において、労働者と雇用者の関係はこれから大きく変わっていきます。

DAOはシンプルに言えば「社長のいないデジタル組織」です。DAOの出現により、誰でも、どこでも、いつでも、デジタルコミュニティのために働くことが可能になります。

未来の仕事は、友達とのパーティーバイク。4時間だろうが、40時間だろうが、何もしなくても、組織全体の成功のためにどれだけ貢献するかは、最終的には自分次第。DAOの出現により、「仕事の未来」は、いつでも、どこでも、手軽にデジタルになっていく。

DAO(自律分散型組織)は、日本で実現しようとなると、暗号通貨の問題であったり、まだまだ制度自体が整っていないので、課題は大きいですが、「日本人の働き方」を変える大きなファクトになっていくと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元バンドマンのロックな営業マネージャー|営業・マネジメント・広報・オウンドメディア編集長までなんでもやってます|月に7冊読破する孤高の読書家|ビールとハイボール|ギターはレスポール|元バンドマン|大田区出身|座右の銘は「雲外蒼天」

コメント

コメントする