「多摩川スカイブリッジ」が開通!羽田から川崎殿町エリアを散策してきた

  • URLをコピーしました!

完成したばかりの「多摩川スカイブリッジ」からの絶景に感動。今回は、「羽田〜川崎殿町エリア」を散策してみました。

「羽田エリア〜川崎殿町エリア」を結ぶ、待ちに待った「多摩川スカイブリッジ」をチャリンコで爆走してきました。(家族全員で行ってきました)

昨日のランニング疲労もあってか、もう足がパンパンです。

開通日にランニングしながら「多摩川スカイブリッジ」に向かったものの、一足早かったようです。恥ずかしながら翌日にあらためました。

開通したばかりという事もあって、今日はたくさんの人たちで賑わっていましたね。車も人も自転車もかなり多かったです。

全長674mの立派なブリッジ。柵が意外と低くて、高所恐怖症の自分は橋の中央付近でソワソワしてました。今日は風が弱くてよかったです。

自動車道は片側一車線。羽田エリア、川崎殿町エリアは、物流拠点が集中しており大きなトラックが多いので、時間帯によっては、すごく渋滞しそうな気がしますね。

羽田エアポートガーデンはまだ開業してない

2020年に開業予定だった「羽田エアポートガーデン」の目の前に「多摩川スカイブリッジ」はあるのですが、コロナの影響により、未だに眠れる城となっていて、この周辺エリアはかなり寂しい状況になっています。

海外から帰国した人の隔離とかで使われている可能性はあるものの、人の気配はほとんどしません。羽田エアポートガーデンは、90店舗ほどのお店が出店予定だったんですけど。いつOPENするんでしょうかね。

僕は定期的にこの周辺をランニングしているのですが、こんな立派な商業施設があるのに、もったいないなぁと思っていました。

「羽田エアポートガーデン」の営業はまだ始まっていませんが、「多摩川スカイブリッジ」が開通したおかげで、この辺りのエリアが活性化していくような感じがしていて、これからが非常に楽しみだなぁと思います。

スカイブリッジから見た羽田エアポートガーデン。早く営業が始まって欲しい!

「多摩川スカイブリッジ」を渡って「キングスカイフロント」へ

羽田側からブリッジを渡って、川崎殿町エリアに降り立ったのですが、正直いうと殿町って「工業地帯」のイメージがあるので、立ち寄ることなんてほとんどないですし、アクアラインに行く前の通り道くらいのイメージしかなかったんですが、なかなか長閑な印象で驚きました。

殿町の「キングスカイフロント」は「国際戦略拠点」と言われており、健康・医療・福祉などのライフサイエンス分野の研究をしている施設が多く立ち並ぶエリアです。

そんな殿町にこんなホテルがあったんですね。「川崎キングスカイフロント東急REIホテル」。

オシャレなカフェやラウンジがあります。チャリで汗かいたのでビール飲みたかったけど我慢。

ホテルの隣は、殿町第2公園です。とても開放感のある広場で、天気の良い日は最高ではないかと思います。テントとか持ってきてゆっくり読書でもしたいですね。

裏側は土手沿いなので、サイクリングやランニングなんかをするのに最高の場所です。

良さげな壁があったので、アーティスト写真的な感じで撮影しちゃいました。(イメージはGLAY。全然GLAYじゃない)

どうですか?いい感じじゃないでしょうか?左足の角度は気にしないでください。

休業中の建物や工事途中の建物もあったので、これから更に発展していきそうな感じもします。

天空橋から川崎方面の路線バスが新設

「多摩川スカイブリッジ」が開通したことにより、バスも通るようになるようです。

大師橋駅前〜天空橋駅。浮島バスターミナル〜天空橋駅。

これまであまり脚光を浴びてこなかった「天空橋駅」が「川崎エリア」と繋がることで、より人の出入りも多くなりそうですね。

さて、殿町第2公園を後にして、また羽田方面に帰っていきます。帰りは橋の出だしが急斜面なので、初っ端から立ち漕ぎ決定です。電動自転車なら軽く行けると思いますが。結構な運動量になりました。

個人的に羽田エリアでランニングすることがあるので、新しいランニングゾーンができて非常に嬉しいです。

「多摩川スカイブリッジ」の開通を機会に、より地域の経済活動が活性化していくことを願いたいものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元バンドマンのロックな営業マネージャー|営業・マネジメント・広報・オウンドメディア編集長までなんでもやってます|月に7冊読破する孤高の読書家|ビールとハイボール|ギターはレスポール|元バンドマン|大田区出身|座右の銘は「雲外蒼天」

コメント

コメントする