映画「七つの会議」から考えてみた。自分の居る環境って大切だよねという話

  • URLをコピーしました!
映画「七つの会議」から考えてみた。自分の居る環境って大切だよねという話。

以前からいつかは観たいと思っていた、映画「七つの会議」をようやく観れました。俳優陣が豪華メンツ過ぎて、もう最後までワクワクして最高に楽しかったです。

映画の感想としては、「過剰な営業ノルマ」「大勢の前での叱責」「不毛な出世レース」「上司に意見できない」「有休不可」「醜い社内争い」「不祥事の隠蔽」「同調圧力」「責任の擦りつけ合い」「売上の為なら客が不幸になってもいい」これが東京建電。まだこういう文化の会社は多くあるよね。という感じ。

ちょっと皮肉な感想ですが、素直にそう感じたんですよね。今でもこういう文化の会社あるなぁって。

映画の舞台となっている「東京建電」は、昭和、いや平成初期くらいの大手企業を連想させる会社です。(ネットではモデルは、神戸製鋼だ、東芝だ、パナソニックだ、色んな憶測が飛んでいます)

映画では、スマホやGPSを使っていたので、現代の古い体質の会社といったところでしょうか。東京建電はまさにこんな風土の会社です。

  • 過剰な営業ノルマがある
  • 大勢の前での叱責される
  • 不毛な出世レースがある
  • 上司に意見できない
  • 有休が使えない
  • 醜い社内争いがある
  • 不祥事の隠蔽体質
  • 同調圧力がある
  • 責任の擦りつけ合い
  • 売上の為なら客が不幸になってもいい

いやぁこれ見てるだけで、ため息しか出ません…。こういった、古い体質の会社って、令和になった今でも多く存在していますよね。

この「七つの会議」を観た結論として強く感じたのは、やっぱり自分の居る環境って大切だよなぁ」ということ。

ごく当たり前の話なんですけど、そうは思っていたとしても、「七つの会議」に出てくるキャラクターのように、毎日毎日死にそうな顔をしながら、環境を変えずに留まっているのってきついですよね。

七つの会議

ネガティブな言葉ばかりをぶつけられて、人前で恥をかかされても、尚、負けじと会社にしがみつかなくてはならない。心をひたすらにすり減らすだけの環境にいたら、いつか精神崩壊を起こしてしまいますよね。

今いる環境に染まるのが人間である

人って環境にめちゃくちゃ影響を受けてるんですよね。特に所属する会社の影響って凄まじいと思います。

いつも上層部がピリピリしていて、自分たちの意見を言っても、常に上から押さえ付けられるような環境にいたら、自然と意見を言わないのが当たり前になってしまう。(それなら何も言わないのが楽ですからね)

ミスだって起こしたら何を言われるか分からないので、なるべく隠したくなるし。(これ最悪。)

その組織で何とかうまく生きていくために、なるべく目立たないようにイエスマンになって、それで社内の世渡りは上手くなるけど、それって、他の会社に行ったらなんの役にも立たないんですよね。

今いる環境が自分にとって、マイナスな影響を与えているならば、その場所に今後も居続けるのかをよく考えた方がいいです。

人生は付き合う人たちで決まる

自分の人生を変えたいなら、時間・場所・人だ!!』とよく言いますが、僕は日頃から付き合う人を、自分で選ぶのが最も大切ではないかと思います。

日頃から接する人たちによって、自分の成長速度は目覚ましく変わるから。

スピード感の遅い人の中で仕事をしていたら、自分もそのくらいのスピードになるけど、スピード感の速い人の中で仕事をしていれば、自然と自分の仕事のスピード感も速くなる。

自分にとって、プラスを与えてくれる人との時間を多く過ごせるよう、コントロールできれば、自分のレベルをさらに上げていけるはずです。

やっぱり、人生は付き合う人で良くも悪くも変えていけるんです。特に会社の上司・同僚・部下は一番長い時間を共に過ごしますから、マイナスであったならもったいないです。

自分に正直でいたいなら、自分で環境を作るしかない

サラリーマンとして組織で働いている以上、経営者や上司がいるわけで、なるべく早い段階で出世をしたいとか、給与を上げていきたいとなると、やはりどこかで自分に嘘をつき続けなくてはいけません。(めっちゃよく分かるなぁ)

相手の機嫌をとり、指示されたことを忠実に仕事を遂行する。これが出世への近道なわけです。(とにかく自分をバサバサと捨てる)

昔はこれで毎年のように給与は上がるし、良かったかもしれません。

でも今は終身雇用は崩れて、会社は社員を守りきれなくなった時代において、こういった忖度ばかりをしても、そこまで自分にプラスはないと思う。

むしろ、自分に正直でいることの方が価値があって、精神的にも一番良い状態でいられます。

言いたいことが言えたり、素直に自由に発言ができる状態でいるためには、その環境を自分で作る必要があるわけです。

七つの会議に出てくる、東京建電のような文化の会社に勤めているという方は、今すぐに転職した方がいいのかもしれません。

今回は、映画「七つの会議」を観て、サラリーマンとして感じたことをツラツラ書かせて頂きました。

「七つの会議」はとても面白い映画なので、気になる方は「Amazon Prime Video」でチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元バンドマンのロックな営業マネージャー|営業・マネジメント・広報・オウンドメディア編集長までなんでもやってます|月に7冊読破する孤高の読書家|ビールとハイボール|ギターはレスポール|元バンドマン|大田区出身|座右の銘は「雲外蒼天」

コメント

コメントする