豚バラキャベツ蒸しが最高にビールに合うのでやってみて欲しい

  • URLをコピーしました!
豚バラキャベツ蒸しが最高にビールに合うのでやってみて欲しい

休日だけ主夫として、夕飯の調理を担っています。そんな僕の「ズボラ飯」のレパートリーを紹介していきたいと思う。

今回、紹介したいのは「豚バラキャベツ蒸し with 大根おろし添え」です。

なんだその、「H Jungle with T」みたいなユニット名は。(世代がバレるから)

料理名からしてヨダレが止まらないっすよ。これはビールに合うこと間違いなしです。

そして、めちゃくちゃ簡単でして、所要時間は10分くらいで完了します。

まったく料理をやったことがない人でも楽勝です。今日のビールのおつまみの参考にしてくださいね。

それでは、早速行ってみましょう。

目次

「豚バラキャベツ蒸し with 大根おろし」を作る手順

「豚バラキャベツ蒸し with 大根おろし」を作る手順

それでは、「豚バラキャベツ蒸し with 大根おろし」を作る手順を解説していきましょう。

準備する食材・調味料はたったのこれだけです。

  • キャベツ(半分)
  • 豚バラ肉薄切り(300gくらい)
  • 酒(大さじ3杯)
  • 大根(3分の1)
  • ポン酢(お好み)
  • ラー油(お好み)

キャベツを1口サイズに切ります。切り終わったらフライパンに盛り付けます。フライパンでの調理なのに、油を一切使わないのがヘルシーポイントです。

次に、豚バラ肉薄切りを半分に切ってください。ハサミでチョキチョキ切ってもいいです。

半分に切ったら、キャベツの上に一枚ずつバラ肉を盛り付けていきます。こんな感じ。

バラ肉は多少重ねないと並べきれないので、かぶせながら盛り付けていきましょう。包丁を使うのはここまで。

次に、豚バラとキャベツを盛り付けたフライパンに、お酒を大さじ3杯かけます。油ではないので間違いなくヘルシー。

あとはフライパンに蓋をして火をかけるだけ。中火で8分くらい放置しましょう。その間に、大根をおろしがねで剃って、大根おろしを準備しておきましょう。

はい!時間になったら出来上がり!!完成までにかかった時間は10分程度です。めちゃくちゃ簡単。

8分くらい蒸せば、バラ肉にもしっかり熱が通るし、キャベツも柔らかくなります。火を強火にするとキャベツが焦げるので気をつけてください。

出来上がったら、お皿に盛り付けて、「大根おろし」「ポン酢」をかけて完成。

完成した「豚バラキャベツ蒸し with 大根おろし添え」ですが、まず、キャベツの甘さがハンパないです。バラ肉特有の脂と酒で、キャベツのもともとの甘さが存分に味わえます。

豚バラ肉は油でこそ炒めると、かなり油っこいですが、お酒のみで蒸しているのですごくサッパリしています。嫌な油っこさは一才なし。

そこに、ダメ押しの「大根おろしとポン酢」。これが、豚バラとキャベツと相性が最高に良いんですよね。まさに白米がすすむ味ですね。

お好みでラー油をかけたりすると、ビールがより最高に進みます。ハイボールも合いますね。でも僕は第3のビール最強ポジションの本麒麟でガッツリ飲み食いしたいですね。

お酒のお供に合いそうなおつまみを作るのは得意分野なので、また当ブログで僕のレパートリーを披露しますね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元バンドマンのロックな営業マネージャー|営業・マネジメント・広報・オウンドメディア編集長までなんでもやってます|月に7冊読破する孤高の読書家|ビールとハイボール|ギターはレスポール|元バンドマン|大田区出身|座右の銘は「雲外蒼天」

コメント

コメントする

目次
閉じる