連休はすぐ終わるから毎日働いてる方がメンタルが安定する話

連休はすぐ終わるから毎日働いてる方がメンタルが安定する話

こんにちは。ノジソウです。

 

世間はゴールデンウィーク真っ只中ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

今日は完全なるマイダイアリー(日記)なので、ゆるめの内容をツラツラ書いていきます。

 

いつも連休になると感じていることをツイートしてみました。

 

毎日適度に働くのが一番いいかもしれないですね。

丸1日休むから働くのが辛くなるんですよね。

例えば毎日4~5時間集中して働いて、あとは自由にするとか。

平日と休日の落差がないので、ストレスは圧倒的に減らせると思う。

毎日適度に働き、適度に遊んで休む。

これが1番「心の消耗」が少ない気がする。

 

大型連休って嬉しいですけど、休んだ分の反動は凄まじいものがありますよね。

 

結論ですが、『毎日適度に働いて、適度に休んで、適度に遊ぶ』が心の安定につながると思っています。

 

>>生きることに疲れてる人に伝えたい言葉【しんどい時に元気が出るちょっとしたコツ】

目次

サラリーマンは平日と休日の落差が激しい

サラリーマンは平日と休日の落差が激しい

サラリーマンは大体の人が、週5日労働・週休2日(土日祝)ですよね。そんな僕もサラリーマンなので、年末年始以外は暦通りに休んで働いてます。

 

土日が来る前の、金曜日の夜は心がウキウキするし、日曜日の夜はバクバク(心臓)するし、月曜日の朝は心臓バクバクを通り越して心身がウツウツする。どうでしょう、心当たりはありますか?

 

サラリーマンをやっている限り、誰もがかかる「ブルーマンデー症候群」という病のせいですね。

 

サラリーマンは平日と土日の落差が激しいんです。月曜日〜金曜日まで全力で駆けぬけて、土日は仕事から強制シャットダウンされるので、月曜日が異常にツライ。

 

逆に個人的には水曜日の折り返し地点くらいが、精神的に安定していてパフォーマンスが高いような気がしています。

理想は毎日5時間くらい働き、適度に遊んで休む

理想は毎日5時間くらい働き、適度に遊んで休む

今回のゴールデンウィークでも強く思ったんですが、一気に休むから働くのが辛くなるんですよね。

 

僕の今回のゴールデンウィークは5月1日〜5月5日までですが、5日間まるまる休んで、5月6日から仕事です。そりゃ5月5日の夜のことは考えたくないですよね。

 

極論ですが、完全なる休日というものを無くして、毎日4~5時間くらい集中して働いて、あとは自由時間にしたら、平日と休日の落差がないので、ストレスは圧倒的に減らせると思うんです。

 

リクルートHDが1日の労働時間を増やして、週休3日にしましたが、これとは逆の発想ですね。1日の労働時間を少なくして、完全なる休みを無くすみたいな。

リクルートグループは3月18日、直接雇用する全従業員約1万6000人を対象に、年間の休日を145日にすると発表した従来は年休を除いた年間の休日は130日だった。週平均で約3日休めることになる。年間の所定労働時間は維持し、給与の変更もない。同グループの国内7社を中間持ち株会社のリクルートに吸収合併する2021年4月から適用する。このほか、テレワークを回数や理由の制限なく実施できるようにし、柔軟な職場を整える。

引用元:LinkedIn News 編集部 

一般的なサラリーマンや、完全に出社するような働き方の人は難しいですが、毎日適度に働いて、適度に遊んで休む。これが実現出来たら、一番「心の消耗」が少ないはずです。

>>仕事ができる人は「メタ思考力」が高い【頭の回転が速くなるビジネス本3選】

休日は仕事に役立つことに時間を使う

休日は仕事に役立つことに時間を使う

とはいえども、人間ですからちゃんと休むことも必要ですし、与えられた休日を休まないのはもったいない。

 

僕は根本的に仕事大好き人間なので、休みなく働くことに抵抗はないです。

 

今回のゴールデンウィークは、連休明けの反動がイヤだったので、空いている時間はすべてインプット(読書・勉強)と、アウトプット(ブログ・SNS)を繰り返していました。

 

休日ですが、仕事に役立つことに時間を使うことで、連休明けのマインドを少しでも安定させたいと考えてます。

ゴールデンウィーク中にやったこと

ゴールデンウィーク中にやったこと

今回のゴールデンウィーク中にやったことです。本を読むこと以外は、結構遊んでますねw

読書でインプット

読書でインプット

個人的に「マーケティング」と「ライティング」の勉強をしていて、以下の本を読み漁りました。(確率思考の戦略論のみKindle本)

 

 

インプットしたことを、SNSとかブログにアウトプットして、吸収した知識をさらに深めました。「インプット・アウトプット」の時間が自分にとって、もっとも生命力を感じられる瞬間なんですよね。

気分転換に部屋の模様替えとDIYをした

部屋の模様替えをふくめて軽めなDIYをしました。一番伝えたいのは、このゲーミングチェアのおかげで、読書とパソコン作業が非常にはかどるようになりました。何時間でも座ってられますw

ゲーミングチェア

 

映画に没頭した

普段、あまり映画は観ないのですが、めちゃくちゃ時間があるので、洋画から邦画まで色々と観ました。

小学生の頃にハマっていた「ビバリーヒルズコップ」を、久しぶりに全シリーズ観ましたが、最高に面白かった。

 

ランニングでストレス解消

ずっと家の中で引きこもって、MacBookばかり向き合ってると、流石に病むので適度に「ランニング」をしました。

 

走るのは一度に5kmまでと決めているので、30分もかからずに出来ます。僕はいつも音声アプリの「Voicy」を聴きながら走ってまして、これが最高におすすめです。

 

ランニング

 

走りながらインプットすることで、色々とアイデアが浮かんでくるので、一石二鳥なんですよね。

休日も「やや仕事モード」にするとメンタルが安定する

休日も「やや仕事モード」にするとメンタルが安定する

連休明けで病んでしまう人って、「休日の使い方」が下手なのかもしれませんね。

 

休日を完全オフと考えると、オンにする時にツライので、休日も「やや仕事モード」で「ややオン」の状態にしておくと、平日への切り替えがスムーズに出来ますよ。

 

そのコツは、休日でも仕事に役立つことを学んだり、仕事に活かせそうなことを考えたり、遊ぶ時はひたすらに楽しむ、休む時はしっかり休む。そんな状態でいると平日の仕事モードになった時にも、切り抜けていけると思います。

 

『休日は適度に学んで、適度に休んで、適度に遊ぶ』が心の安定につながるはず。

 

でもいつかは、『毎日適度に働いて、適度に休んで、適度に遊ぶ』という「ライフスタイル」を勝ち取るため、今できることに努力していこうと思います!

 

created by Rinker
¥1,584 (2021/10/26 05:46:41時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人材サービス業界の営業パーソンとして、人材派遣業を10年、人材紹介業を4年ほど経験し、現在はマネジメントから採用領域の仕事をメインでやっています。人材業界で得た転職や働き方の知見を発信していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる