キャリドアの適職診断やったけど口コミ投稿でモヤモヤしたという話

キャリドアの適職診断やったけど口コミ投稿でモヤモヤしたという話

こんにちは。ノジマソウタ(@nojisoufreedom)です。

 

最近、自己分析にハマっていまして、色んな自己分析ツールを使って、自分自身を知る努力をしています。(何をめざしてるの?)

 

今回は、「キャリドアの適職診断」をやってみました。

 

実は半年くらい前にも一度やったのですが、時が経過すると自分の考え方や強みも変わるかなぁと思って、再度、適職診断をやってみたのです。

 

キャリドア」は大手人材サービス会社のパソナが運営している転職サービスです。

 

キャリドアの詳しい転職サービス内容を知りたい方は、こちらのブログを参考にしてください。

 

あわせて読みたい
パソナのキャリドアは転職活動に役立つか?【実際に使って評価してみた】
パソナのキャリドアは転職活動に役立つか?【実際に使って評価してみた】転職サイトや転職エージェントってたくさんあり過ぎて、どれが自分に向いてるかよくわからないんだよね。自分の適正であったり、企業の未来とか業績とか知りたい事がた...

 

僕のキャリドアでの適職診断がどんな感じだったのか、色々と論評しながら進めていきたいと思います。

 

それでは、早速行ってみましょう!!

 

あわせて読みたい
「マジキャリ」でキャリアのモヤモヤ解決【まずは無料カウンセリングで悩み相談】
「マジキャリ」でキャリアのモヤモヤ解決【まずは無料カウンセリングで悩み相談】今の仕事に不満があったり、会社の将来性に不安がある、という方は「転職しようかなぁ」と日々悩んでいることでしょう。「他にやりたいことなんてないなぁ」とか、「自分に向いてる仕事ってなんだろう」と、将来の自分のキャリアについて、漠然と考えている人も多いのではないでしょうか。そんな時は、「キャリアコーチング」を活用してみましょう。

キャリドアの適職診断では何がわかるのか?

キャリドアの適職診断では何がわかるのか?

ズバリ、キャリドアの適職診断ではこんなことがわかります。

 

  • 自分に合う職場環境
  • 自分の思考パターンと行動グセ
  • 自分に向いている職業

 

適職診断ということなので、企業とのカルチャーフィットとか、そもそもあなたに向いている職業とか、あなたの意思決定にはこんな傾向があるよね、といった診断を下してくれます。

 

こういうのがデータとして分かるのは非常にありがたいですよね。特に自分の方向性に悩んでいる人にとっては一つの道標になるはず。

 

キャリドアの適職診断をもう一度やってみたよ

キャリドアの適職診断をもう一度やってみたよ

はい。ということで、僕の「キャリドア適職診断」の結果を公表します。コレだ!!(上記の画像をご覧ください。誰も興味ないから。)

 

僕は「プロフェッショナルタイプ」でした。専門能力を活かす仕事が向いてるんですって。

 

突出しているのは「芸術系」。そして「営業系」です。

 

ここで、前回の評価と見比べてみましょう!2020年10月に書いたブログの適職診断結果をスクショしました。

 

 

変わってない!!ほぼ変わってないですよ!!

 

これで、人はなかなか変われない生き物だということが実証できましたね。(1人で騒いで失礼しました。)

 

適職診断は3年に一回くらいにしときましょう。

 

ここで、あなたの頭の中にはこんな疑問が生まれたことでしょう。

 

「え?キャリドアの適職診断ってコレだけしか教えてくれないの?」

 

その気持ちよく分かります。実は正しくはコレだけではないのです。

 

あなたの適正と向いている職場環境」を細かく文章でもフィードバックしてくれます。がしかし、こんなトリックがあるんです。

 

 

そうなんです。ちょい見せ。なんと1行しか見れないんです。(やらし過ぎる!どうせなら全部隠してくれ)

 

ここから先を詳しく知りたければ、これまで働いてきた会社の口コミ残してね。』というメッセージがあり、ここでパソナさんのモーレツないやらしさが見え隠れしますよね。

 

>>キャリドアの適職診断をやってみる

適職診断の分析結果は口コミしないとよく分からない

適職診断の分析結果は口コミしないとよく分からない

キャリドアの適職診断」の詳しいフィードバックを得るためには、これまで働いてきた会社の口コミを残さなくてはならないのですが、これがめちゃんこ面倒臭い。

 

そして、その結果を見るためには45ポイント分の口コミが必要なんです。(なぜポイント制にした。)

 

しかも、たくさんの口コミ項目があって、そこに150文字以上の文章を入力しないと、口コミとしてカウントされず、ポイントがもらえないという謎の鉄のルール。

 

この時点で、おそらくは諦めちゃう人が圧倒的に多いと思いますので、パソナさんにはこの辺りの改善をお願いしたいです。ほんとお願いします。(企業の中の情報が欲しい気持ちも分かるけど。)

 

適職診断から向いている仕事をレコメンドしてくれる

適職診断から向いている仕事をレコメンドしてくれる

適職診断を受けるとナイスなのは、診断内容から「あなたに向いている仕事はコレだよ。」と求人をレコメンドしてくれる機能があります。

 

こんな感じで、「あなた、ここの会社受けてみたら?」とおすすめされます。

キャリドア

>>キャリドアの適職診断をやってみる

やっぱりミイダスのコンピテンシー診断の方が優秀

やっぱりミイダスのコンピテンシー診断の方が優秀

キャリドアの適職診断をやってみた感想ですが、あの棒グラフだけでは、なんともしっくり来なくて、やっぱり細かい分析とフィードバックが欲しいのですが、口コミ投稿がハードルになってしまい、「やって良かった感」がありませんでした。

 

自己分析なら、「ミイダスのコンピテンシー診断」の方が圧倒的に優秀です。完全無料だし口コミ投稿をする必要がないので、誰でも手軽にチャレンジできます。失うものが何もない。

 

よって、キャリドアに登録するなら、ミイダスに登録した方が時間コスパはいい。

 

あわせて読みたい
【実体験】ミイダスのコンピテンシー診断【無料の自己分析ツールで分かったこと】
【実体験】ミイダスのコンピテンシー診断【無料の自己分析ツールで分かったこと】こんにちは。ノジマソウタです。 ミイダスのコピテンシー診断というやつをやってみたので、僕の結果をもとに診断ではどんなことが分かるのかをツラツラと書いてい...

 

ただ、企業ごとの分析結果を知りたかったり、転職エージェントの「パソナキャリア」を利用するならキャリドアにも登録しておいた方がいいですね。

 

自己分析だけならミイダスだけで問題なし。

 

というわけで、今回はキャリドアの適職診断を受けてみてモヤモヤした思いを吐き出してみました。

 

また良さそうな自己分析系のツールがあったら、試してみたいと思います。

 

最後に個人的な宣伝ですが、電子書籍を出版したので、良ければ試し読みしてください!(切実)

 

あわせて読みたい
Amazon Kindleで電子書籍を出版してみた【人材業界を目指す人に知ってほしいこと7選】
Amazon Kindleで電子書籍を出版してみた【人材業界を目指す人に知ってほしいこと7選】こんにちは。ノジマソウタです。 今日は一つ宣伝をさせてください。僕の作った電子書籍がKindleにて出版されました。 待ちに待った僕の電子書籍はこちら。(...

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人材サービス業界の営業パーソンとして、人材派遣業を10年、人材紹介業を4年ほど経験し、現在はマネジメントから採用領域の仕事をメインでやっています。人材業界で得た転職や働き方の知見を発信していきます。

コメント

コメントする