会社から指示された事だけやってるサラリーマンの価値はない

会社から指示された事だけやってるサラリーマンの価値はない

 

会社から指示された事だけやってるサラリーマンの価値はない。

これからのサラリーマンが社会を生き抜いていく上での生存戦略とは?

 

いきなり唐突ですが、「会社の寿命」って知ってますか?

 

 

2018年くらいのデータを見ると、会社の平均寿命は25年くらいだと言われています。

 

 

人生100年時代と言われているけど、会社は平均でも25年しか生きれないわけなので、長い労働人生。僕たちは複数の会社にお世話になることが当たり前の時代になってきています。

 

そして、社会のスピード感は年々早まっており、未来には更に会社の平均寿命が短くなっていく事が予想されてるので、これからのサラリーマンは未来を常に先読みして、どのポジションに自分の身を置いておくのか?ということを、戦略的に考えておかないといけません。

 

 

だって、自分が所属している会社がいつ倒産するかなんて誰にも分かりませんからね。

 

目次

会社から指示された事だけをやってるサラリーマンの価値はなくなる

会社から指示された事だけをやってるサラリーマンの価値は下がっていく

 

これからのサラリーマンはこれまでの時代とは大きく変わり、会社から言われたことだけをやっているようなマニュアル人間の価値は下がり続けていくでしょう

 

 

どこの会社も生きる残るために必死です。消費が落ち込んで、利益を上げていく事が難しくなる中で、自ら学び、自ら主体的にアクションできる人がいないと、会社を継続させていくことすら難しいです。

 

 

言われたことを忠実にこなすだけのマニュアル人間であれば、それはテクノロジーにやってもらえばいいわけですから、会社の指示通りに動くだけでは、高い評価を得ることはできないでしょう。

 

 

会社から言われた通りにしか動けないサラリーマンの価値は下がり続けて、やがて所属している会社自体も厳しい状況になるかもしれません。

 

あわせて読みたい
サラリーマンこそ「鬼滅の刃」を読むべき5つの理由 激動の社会を生き抜くサラリーマンこそ「鬼滅の刃」を読んでみよう! 鬼滅の刃がめちゃくちゃ流行ってますが、私もアラフォーながらに、時流に乗らせていただきまして、...

 

会社と労働者は昔よりフェアになってきたけど「その代償」とは

会社と労働者がフェアになってきた代償

 

昔に比べると、会社と労働者はフェアな関係になってきたと思います。有休は取りやすくなったし、残業も減りました、副業も遠慮せずできるようになった、色んな意味で働き方の多様化が進みましたよね。

 

 

日本はこれから本格的に人口減少が始まるので、人手不足はこれからより深刻になっていきます。むしろ働き方が多様化していかないと、働いてくれる人手が見つからずに企業側は大変なことになります。

 

 

仕事があるということは、就職氷河期を体験した人たちにとっては、なんとも羨ましい時代がやってきたんだ、と思うかもしれませんが、ところがどっこい、会社と労働者がフェアになってきたからこそ、その代償として労働者は「自分の身は自分で守る」という責任が生まれました。

 

 

今はもう会社に所属していれば「安心」という保険は一切ありません。

 

あわせて読みたい
今すぐ退職した方がいい会社の特徴5選【コロナ禍で変わる価値観】 「今すぐ退職した方がいい」とあおり気味のタイトルですが、これから挙げるような特徴がある会社は、自分の未来への可能性をつぶしてしまう可能性があります。 そして、...

 

サラリーマンが自分の身を守る為のアクションプランとは?

サラリーマンが自分の身を守る為にはどうしたらいいのか?

 

しかし、ある意味で、現代のサラリーマンは「転職」「独立」「副業」などの多種多様な選択ができるようになったわけですが、自分自身の身を守っていく為には一体どうしたらいいのでしょうか?

 

 

あえて言うのならば、それは会社を利用しながら、『個人力』をつけていくことが大切だと考えます

 

created by Rinker
プレジデント社
¥1,210 (2021/10/26 20:14:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

SNS発信で個人力をつけていく

個人力をつけていくといったら「SNS発信」しかないです。

 

 

始めるのにコストが一切かからないSNSを利用して、自分の考えを発信していきましょう。発信を続けることで、社外にゆるいネットワークができます。発信のやり方次第では、SNSで生まれたネットワークから、仕事の依頼につながることもあるでしょう。

 

 

僕は2年前にSNS発信を始めまして、並行してブログも書いていますが、僕のブログを見てくれた企業担当者から記事の執筆依頼をいただくことが何度かありました。これは発信をしていたからこそ副業として仕事の依頼を受ける事ができたんです。

 

 

SNSやブログ発信で誰かの目にとまることで何かしらのチャンスが舞い降りる可能性があります。

 

 

それは本業としての依頼なのか、もしかしたら僕のように副業として仕事依頼を受けることもあるかもしれません。

 

あわせて読みたい
2021年こそ副業をやるべき理由【ギグエコノミー時代の多様なキャリア選択】 2020年は、すべての働く人たちの「労働への価値観」が大きく変わりましたね。感染症対策で、人と人が対面する事を避ける事によって、多様な働き方を推し進めざるを得なくなりました。

 

転職で新たなキャリアを掴むことも必要

そして、自分にとって「新たなキャリア」を作れるチャンスが出てきたら勇んで転職をすることも必要です。

 

 

これからは転職することが当たり前になっていきますし、転職する目的もだいぶ変わっていくと思います。

 

 

これからは、新しい経験値を得るために、転職をしてポジションを変えることで、自分のキャリアを取りにいくという戦略が必要ですし、そういった考えが普通になるはずです。

 

転職ノウハウや、これからのビジネスパーソンがどのようにキャリアを積み上げていけばいいのか、詳しく知りたい人はこちらの書籍がおすすめです。

 

ビジネスSNSで世界的に有名な「LinkedIn(リンクトイン)」の日本代表の村上臣さんが書いたキャリア本です。めちゃくちゃ面白いのでおすすめ。

created by Rinker
¥1,584 (2021/10/26 05:46:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

あわせて読みたい
デキるビジネスパーソンほど転職している【40代で転職を成功させた人の5つの共通点】 ここ最近、僕の周りの友人で転職する人が増えているんです。社会はコロナの影響がジワジワと効いているので、まだイマイチ転職しづらい世の中だと思いますが、「実は俺、転職したんだ。」という、テレビCMみたいなセリフをチラホラ聞くようになりました。しかも、みんな40代という脂が乗り切りすぎた年齢で転職を決意。そして、なんと年収アップも果たしており、まさに「幸せな転職」を実現していました。(うらやましい限り)

 

自分を株式会社としてブランディングしよう

画像4

 

サラリーマンのSNS発信は就業規則上、禁止されている会社は多いですが、あくまでプライベートで始めればいいだけなので、始めるリスクばかりに目を向けずにまずは行動する事が大事ですね。

 

 

与えられた枠組みの中の仕事だけではなく、自分自身をコンテンツにできるようなサラリーマンこそ、会社にとって大きな資産だと思います。

 

 

そう考えると、個人の発信を制御することは、会社にとっては何のプラスにもならないですね。

 

 

そして、サラリーマンも自身も意識を変える必要があって、会社から与えられた事を忠実にやるだけでは、自分も会社も守れません。

 

 

自分自身を「株式会社」と見立てて、自らをブランディングし、社外にアウトプットしていく事が自分を守るための最善の戦略にもなります。

 

 

自分自身が積極的にアウトプットすることは、ひいては自分も会社も守ることになるということを強く意識する必要があると感じています。

 

あわせて読みたい
20代は転職して失敗すべき理由【若手向けおすすめ転職サービス7選】 シンプルに20代はキャリアの選択肢が多いです。何の仕事を選ぶにしても「未経験」でトライできるのは20代までです。それだけ若さは大きなアドバンテージがあります。企業は20代の若手を喉から手が出るほど欲しがっています。これから少子高齢化を迎えていく中で、20代を採用して将来の幹部にしたいと考えている会社は山ほどあります。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人材サービス業界の営業パーソンとして、人材派遣業を10年、人材紹介業を4年ほど経験し、現在はマネジメントから採用領域の仕事をメインでやっています。人材業界で得た転職や働き方の知見を発信していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる